, ,

フォーエバークリア

GSRで磨いた後に!
きれいに磨いた鏡やガラスの仕上げにひと吹きするだけで光沢も高め、日常のお手入れも簡単になります。
  • 希釈率:原液使用
  • pH:6.5(弱酸性)
  • 容量:960ml
1本でどの位の範囲使えますか?
1平米あたり8~10回スプレーしていただくと、約200平米分使えます。
フォーエバークリアとシャワーマジックの違いは何ですか?
【フォーエバークリアのポイント】
・使用すればするほど、ウロコの出来にくい綺麗なガラスにして行きます。
・ミクロの粒がガラスをコートして汚れを遮断し透明度を高めます。
・撥水効果があります。
・成分はシリコン系です。
【シャワーマジックのポイント】
・ガラスに残ったウロコを見えにくくして、メンテナンス後についてしまう石鹸カスを最小限に抑えるように撥水コートします。
・撥水効果があるほかに、ウロコを隠し、つけにくくします。
・成分はミネラルスピリット(ホワイトスピリット)と呼ばれる高品質のオイル系シンナーのようなものです。
撥水性と親水性について
撥水性は、水玉が表面を転がる感じになります。そのまま置いておくと、ウォータースポット(水ジミ)ができやすいです。
親水性は、水が広がって流れていく感じになります。ウォータースポット(水ジミ)はできにくいです。
シャワーマジック・フォーエバークリアは撥水性のコーティング剤です。
ウォータースポットができないよう、洗剤をスプレーした後はあまり時間を置かずに拭き取りましょう。
ガラスクリーニング洗剤 ガラスコーティング剤のご紹介
SMSJapanで取り扱っております、ガラスクリニーング洗剤、ガラスコーティング剤をご紹介します。
※【スクイージイージー】ガラスクリーニング剤
スクイージイージーは使ってすぐに効果があらわれる!とガラスクリーニングのプロお勧めの商品です。
本剤はシルクのような滑らかさでワイパーの軋みや跡に残る筋を防ぎ、クリアに仕上げる成分が含まれています。
使うたびにガラスの表面に浸透し、輝きを増し細かい傷からガラスを守ります。本剤は非生物分解性で生物分解性(biodegradable)ではありません。
※【ガラスプロ】ガラスクリーニング剤
ガラスプロは、洗浄成分が沈着した汚れに張り付き汚れをはがし、清掃直後の水滴のないクリアな状態を保ち続けます。
本剤をスプレーした後、乾いたタオルか柔らかい布で全体に塗布し清掃してください。
※【フォーエバークリア】ガラスコーティング剤
フォーエバークリアは、ガラスを傷や汚れから保護し水滴のつかないクリアな状態を保ちます。本剤はガラスの表面に浸透、
ガラス表面のミネラルや石鹸カスを取り除き、透明感・明るさを高めます。使用する度に成分が浸透しますので、フォーエバークリアの定期的なご使用をお勧めします。
ご使用方法は洗浄後、本剤をスプレーして乾いたタオルで塗りこむように拭き取ります。
しつこい汚れやウロコ汚れのついているガラスには、まずはGSRで透明さと明るさを取り戻してから、本剤でさらに美しさを保護して下さい。

英米

関連商品

  1. HDプロクリーン

    ハードフロア専用の強力洗剤です。あらゆる床面・壁面に使用可能で、表面張力を下げることにより石材などのポーラスの中に入り込み洗浄します。化学培養酵素の配合により今までの常識を覆す洗浄力を実現しています。

  2. シトラスジェル

    油性インク・落書きやガムなどのしつこい汚れをあっという間に取り除きます。カーペット、ハード面と両方にお使いいただけます。 ジェルタイプなので汚れに馴染むまでの様子を見ながら作業をする事ができます。 同じ効果でハード面専用の商品もございます。

  3. グーフ

    ハード面の油性インク・落書きやガムなどのしつこい汚れをあっという間に取り除きます。 使用後の効果が早いため、変質しやすい軟質樹脂や塗装面、染みこみやすい素材への使用はご遠慮ください。 同じ効果でカーペットにも使用可能の「シトラスジェル」という商品もございます。

  4. ワイプダウン

    液体版EZクリーン!ハード素材等、浸透性のない素材の万能クリーン&プロテクト剤です。スプレーして拭き取るだけで汚れを落とし、フッ素とシリコンでダブルコートを施します。

  5. ベイパー / 全8種類

    専用の拡散器を用いて香りを放出し、臭いの原因を直撃します。 簡単かつ経済的に消臭施工を可能にしました。最大2,000㎡に対応できるように設計されています。

  6. プロポ

    多用途なシミ取りの湿布用補助剤です。シミ取りの経験が少ない方でも簡単に使用できます。ステインマジック・プロソルブジェル・インクアウトと合わせてご使用ください。必ず取扱説明書を読んでご使用ください。

ページ上部へ戻る