トコジラミ(ベッドバグ・南京虫)の対策と駆除

トコジラミという虫をご存知ですか?

いわゆる南京虫(ベッドバグ)と呼ばれるものです。

刺されると赤斑ができ、痒みは2日間ほど続きます。

 

  

 

ここ10年ほどでトコジラミに関する相談は爆発的に増え続けています。

特に旅館やホテル、入浴施設などでの発症例が増加傾向にあり一般家庭で問題になることも多くなっています。

原因として海外の旅行者の荷物に紛れての持ち込み、ホテルなどからの自宅への持ち込みが考えられています。

大量発生している簡易宿泊所の調査では、壁に掛けた衣類にも多数のトコジラミが潜伏することが確認されています。

従来のトコジラミには、一般的に使用されている殺虫剤でもゴキブリと同等の殺虫力がありました。

しかし最近、殺虫剤が効かない強い抵抗力を持ったトコジラミの発生が問題になっています。

これらのトコジラミはピレスロイド系の殺虫剤に対し、従来のトコジラミの100倍以上の強い抵抗力を持つことが知られています。

アメリカでも数年前、日本と同じように外国からベッドバグが人によって持ち込まれアメリカ全土に大流行してしまいました。

特にホテルを始め宿泊施設での大発生は社会問題になった程です。

その問題を解決したのがマイクロバンシリーズのエックス590です。

エックス590は、アメリカのEPA(米国環境保護庁)で認証されている殺菌・抗菌・殺虫・防虫剤です。

これには、天然由来植物成分が含まれている特殊な除虫菊が入っています。

この除虫菊はアフリカのごく一部でしか採れない効果の高い特別なものです。

「天然成分の方が効き目弱いんじゃない?」

そう思われる方も多いと思いますが、決してそのようなことはありません。

エックス590の短所:大量生産が出来ません。

エックス590の長所:①「選択毒性」といって、人やペット、家畜などへの影響は極めて低い点。

            ②虫に抵抗力が付きにくく、耐性を持った虫が出現しない。

 大量生産出来ないことで化学合成された殺虫剤が開発され、その殺虫剤が使用された結果、人は虫に悩まされることになってしまいました。

エックス590はマットレス、カーペット、木、カーテン、その他あらゆる素材に対して使用することが出来ます。

また、希釈作業が不要なのでそのまま使用出来ます。

(※希釈すると効果がなくなります。)

液性は中性ですので材質を傷める心配もありません。

ホテルや宿泊施設、レストラン、病院、その他多くの施設でご使用いただいております。

近年ではゴキブリも進化し殺虫剤が効かないものもいますが、エックス590はそのようなゴキブリにも非常に有効です。

防虫効果は1ヵ月持続しますので、定期的に作業すればより効果的です。

日本におけるトコジラミの一般的な活動・繁殖期は6~9月と言われています。

現在トコジラミでお悩みの方、利用中の殺虫剤が効かない!という方は、ぜひエックス590をお試しください。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る