チーターパッドとグロスアッププロを使用した時の違い

●チーターパッドとダイヤモンドディスク 対比表

下の写真は、チーターパッドのステップ2~5を使用して施工した大理石(ビアンコカラーラ)です。

磨き上げた石本来の澄んだ輝きが出ていますね。

光度計の数値は100でした。

ダイヤモンドディスクの1/4の作業時間で施工することが出来ます。

 

<チーターパッドをステップ2から4工程で施工した場合>

①ステップ2をかける⇒グロス:10~15

②ステップ3をかける⇒グロス:33~38

③ステップ4をかける⇒グロス:70前後

④ステップ5をかける⇒グロス:100前後

下の写真は、チーターパッドステップ5+グロスアッププロを使用して施工した大理石(ビアンコカラーラ)です。

光度計の数値は107ですが、全体的にぬめりが見られます。

グロスアップを使用すると、施工時間もチーターパッド以上に早く費用も安く抑えることが出来ます。

なぜグロスアップを使用した時の方が数値が高いのでしょうか。

それは、光度計が乱反射した光を計測するからです。

<チーターパッドのステップ2とグロスアッププロを使い2工程で施工した場合>

①ステップ2をかける⇒グロス:10~15

②グロスアッププロを1㎡に付き10g~15g撒き、チーターパッドのステップ5をかける

 ⇒グロス:100前後

 

どちらが良いかは、オーナー様次第です。

費用や時間、仕上がりを十分話し合った上で施工しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る