Q.浴室の鏡の清掃時GSRとEZクリーンはどちらが良いですか?

浴室の鏡をキレイにするため、ネットスポンジにEZクリーンをつけて角サンダーにつけて使用すると、キレイになったりならなかったりします。そこでいくつか質問があります。

Q1.角サンダーより丸く円を描くサンダーの方が良いのは本当ですか?

A1.サンダーはどちらでも構いません。

Q2.GSRとEZクリーンの成分がほぼ一緒と聞いたのですが、GSRの方が断然早く仕上がりますか?

変わらないなら量が多いEZクリーンを使っていました。

A2.根本的にEZクリーンよりGSRの方が、洗浄力は高いです。

今のご使用方法でGSRに変更いただくと格段に仕上がりが変わるかと思います。使い方も間違いはございません。

Q3.水を切ってGSRなどが薄まらないように使ってましたが、酸をつけたガラスにGSRをつけたり、酸を何滴かつけてからGSRをつけた方が落ちますか?一番落ちる方法を教えてください。

A3.水で薄まらないように乾いた状態でご使用ください。前処理に酸をご使用になられた場合も、

酸塗布→水で流す→一度拭き取る→GSRを塗布する→サンダーで擦るの工程を守ってください。

Q4.力はどのくらい入れて機械洗浄すればいいですか?

A4.通常の鏡なら傷はつきませんので、しっかり力を入れて(負荷をかけて)擦ってください。

Q5.浴室の鏡には使用できますが、コーティングした鏡にも使用できますか?

A5.コーティングした鏡には使用できません。試される場合は端の方で必ずテストをしてください。

【まとめ】

EZクリーンはGSRより繊細な場所で有効ですし、ひどくなければウロコも十分落ちますので、今後もGSRと併用していただければ経済的だと思います。

・普段から定期清掃している場所などの軽い汚れやステンレスの場所ではEZクリーン。

・ひどい汚れ(リセット作業)やEZクリーンが効かない場所はGSR。

と使い分けてください。

以下のYouTubeで動画を見ることが出来ますので、よろしければご参照ください。

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る