Q,STGとストーンガーデイアンの違いは何ですか?

Q,マンションの大理石の廊下で石材はアドバン社のドラマチックホワイトを使用しています。
御社のHPでプロテクターを検索したところ①STGと②ストーンガーデイアンの二つが出てきましたが
どちらがよいでしょうか?
スペックシートを見るとSTGは「大理石・セラミックなど」とあるのでこちらかなと思いましたが,
同時に「浸透性のない石材・ハードフロア」ともあり迷っています。
A、ストーンガーディアンが適していると思われます。
①STG   (浸透性のない石材用)・・・この商品の成分中にはアルコールが含まれています
②ストーンガーディアン (浸透性のある石材用)
石材を磨いた(ツルツル)状態ですと、液は浸透しません。逆に磨かない状態ですと液は浸透します。上記の通り、
STGはアルコールが含まれており、凹凸のある状態ではプロテクトのムラができてしまいます。
ポリッシャーを使用せずに施工されるのであればアルコールを含んでいない方のストーンガーディアンが適しています。
同じ大理石でもその状態により洗剤を使い分けしていただくことをお勧めしております。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る