ブラシ&ボンネットを使用する浮きジミの除去

浮きジミには大きく分けて2種類あります。

黒い浮きジミ。

重汚染部分のクリーニング不足(汚れの除去不足)によって起こる浮きジミ。

黄色い浮きジミ

カーペットの基布に残った汚れの色素のみが毛細管現象によって表面に現れて起こるシミ。

本来は、どちらのタイプの浮きジミが現れても再度クリーニングを行い、浮きジミ防止剤ARAを使用しなくてはなりません。

しかし、ブラシ&ボンネットを使用することでこれらを簡易的に除去することが出来ます。

黄色い浮きジミの場合:マジックパッドブラシ&ボンネットの希釈液をつけて雑巾がけのように擦るだけで除去できます。

黒い浮きジミの場合は、クリーニング不足によるものなので清掃作業が必要になりますが、一度クリーニングを行っているので、ワンステップのブラシ&ボンネットの通常清掃で除去が可能です。

以上の工法を取り入れることにより、大幅な経費の削減にもつながります。

【使用した洗剤及びパッド】

・ARA

 
・ブラシ&ボンネット
・マジックパッド

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る