, ,

ダートチェイサー

驚くほど汚れが落ちるS.M.S.Japan一押しの前処理剤
S.M.S.JapanがCTIと共同で日本向けに開発した前処理剤です。化学培養酵素とオレンジオイル配合により油や土砂汚れにも非常に高い洗浄力を発揮します。リキッドの中では最高水準の商品です。
  • 希釈率:100倍〜30倍(水1Lに対し約10~35ml)
  • pH:10.0(弱アルカリ性)
  • 容量:3.8L
ダートチェイサーには化学培養酵素が配合されていますが、希釈時に高温を使っても大丈夫ですか?
天然酵素は高温を使用すると死滅し効果がなくなりますが、化学培養酵素は高温を使用しても効果はなくなりません。 高温で希釈しても死滅しない事が特徴なので問題はありません。ダートチェイサー以外のCTI社の前処理剤や回収剤も同様です。
前処理剤と回収剤とは一体どういうものなのでしょうか?
簡単にご説明させていただきます。ワイシャツを洗濯する時に首回りがすごく汚れていたら、襟首用の洗剤を使いますよね。これは強力な汚れを分解する洗剤です。そして、もみ洗いやブラシ等をします。しばらくして洗濯機にかける・・・その時ワイシャツ全体に襟首用の洗剤を付けて洗いますか?洗いませんよね?洗濯洗剤を使用して洗いますよね?では、これをカーペットクリーニングに置き換えてみます。
・襟首用の洗剤=前処理剤
・もみ洗い=ブラシやポリッシャーを回してアジテーション
・洗濯洗剤=回収剤
もっと詳しくはコチラ
汚れ防止のコーティング加工のカーペットは普通に洗えますか?
洗えますが、PH10以下の洗剤を使用してください。
次のどちらかの使用法をおすすめします。・ダートチェイサーを薄めの希釈倍率で使用する。
or
・ナチュラルファイバーを本来は回収剤ですが、この場合のみ前処理剤として使用可能。どちらの使用法でも使用後はリンスをしてください。
映画館やレストランの椅子のクリーニングしたいのですが?
椅子のシミや汚れは、かなり頑固ですね。乾かないのでは?? そんな心配はいりません。
ただし、いくつか注意していただきたいことがあります。素材が化繊と分かっている場合は「ダートチェイサー」がやはり一番のお勧めです。
素材が天然素材だったり、または天然素材が混じっていたりした場合、洗剤はウールカーペット用の前処理剤を選びましょう。お勧めは「グリーンTLC」です。
もっと詳しくはコチラ

関連商品

  1. リクアプロ

    スチームクリーニング時に使用する、リキッドタイプの回収剤です。 「浮きジミ防止剤」・「消泡剤」を配合し、浮きジミによるクリーニング後のクレームや泡による効率の悪さを解消しました。

  2. OSR– Odor Stain Remover

    カーペットについたペットの尿、そしてシミを同時にクリーニングできる万能洗剤です。 お湯で希釈後30分浸けおきし、しっかりとリンスするだけなので簡単です。

  3. ブラシ&ボンネット

    ワンステップで回収不要!No.1クリスタル剤 汚水を出さないセミドライ工法の中で最高水準のクリスタル剤です。クリーニング時に汚れと共に粘着質を包み込みながら結晶化するので再汚染の心配がありません。

  4. グロスアッププロ

    石材を選ばず使用できる中性研磨剤です。石材の状態によって400・800・プロと使い分けて使用してください。中性な上、少量の水で施工できるので後処理も簡単です。

  5. シトラスジェル

    油性インク・落書きやガムなどのしつこい汚れをあっという間に取り除きます。カーペット、ハード面と両方にお使いいただけます。 ジェルタイプなので汚れに馴染むまでの様子を見ながら作業をする事ができます。 同じ効果でハード面専用の商品もございます。

  6. HDプロクリーン

    ハードフロア専用の強力洗剤です。あらゆる床面・壁面に使用可能で、表面張力を下げることにより石材などのポーラスの中に入り込み洗浄します。化学培養酵素の配合により今までの常識を覆す洗浄力を実現しています。

ページ上部へ戻る