映画館やレストランの椅子のクリーニング

映画館やレストランの椅子のクリーニング方法をご紹介します。

上記の場所のような椅子のシミや汚れは、かなり頑固ですね。

乾かないのでは??  そんな心配はいりません。

ただし、いくつか注意していただきたいことがあります。

①素材が天然素材だったり、または天然素材が混じっていたりします。

洗剤はウールカーペット用の前処理剤を選びましょう。

お勧めは「グリーンTLC」です。

☆ただし、化繊と分かっている場合は「ダートチェイサー」がやはり一番のお勧めです。

②回収剤を必ず使用しましょう。乾燥時間が短縮できます。

汚れやプロテクター入りの「ラストステップ」がお勧めです。

☆なぜ乾燥時間が短縮できるのか?

繰り返しセミナーしていますが、洗剤と水どちらが乾きが早いですか?

断然水のほうが早いですね!回収剤を使用すると残留洗剤がほとんど残らなくなります。

③シミには「ステインマジック・ウール用」を使用しましょう。

天然素材はシミが短時間で取れます。使用後は必ずエクストラクターで回収しましょう。

④ウォンドは必ず家具用ウォンドを使って下さい。

生地を重ねても外側だけの一枚だけ洗えるのが家具用ウォンドです。

椅子のクッション部分までビショビショになったりしませんので、乾燥時間が大幅に短縮できます。

下図の写真は、現在取り扱っている家具用ウォンド

サファイアサイエンティフィック社の「ストライカーウォンド」です。

 

最新のトリガー付のウォンドです。

今までは常に水が出るウォンドでしたが、使いたい時だけ出せる優れものです。

水の出方も特徴があります。作業効率も汚れ落ちもアップします!

ご興味のあるかたは、ぜひお問い合わせください。

関連記事

ページ上部へ戻る