, ,

GSR

大ヒット!鏡のウロコ・ステンレスの錆び取り
鏡のウロコ取り・ステンレスのサビ取りに使用できるクリーナーです。研磨剤・酸・スクラブを含んでいないので素材に傷をつける心配が全くありません。あらゆる水回りに使用でき、ウロコなどの再付着防止効果もあります。アクアパッドでご使用いただくとより効果的です。
  • pH:9.0(弱アルカリ性)
  • 容量:280g
GSRとEZクリーンの違いってなんですか?
展示会でよく聞かれる質問№1です。
まず一番の大きな違いは、GSRは粒子が粗くダイヤモンドディスク 60番と同等のスクラブ効果があります。
EZクリーンは粒子が細かくダイヤモンドディスク 800番と同等のスクラブ効果があります。
代表的な例が、GSRは鏡のウロコ、EZクリーンはステンレスの磨きです。どちらもペースト状で、同じように使います。
GSRが使用できる場所・素材は、鏡、窓、浴室、トイレ、タイル、陶磁器、硬質プラスチック、車の窓ガラス、CFです。
EZクリーンは、上記の場所・素材に加えメッキ、ステンレス、ガラス、FPRにも使用することが出来ます。続いて汚れの種類です。
GSRは鏡のウロコ、水垢、石灰、石鹸カス、尿石、鉄分、マグネシウム、カルシウム、サビ、酸化汚れ、油汚れを落とすことが出来ます。
EZクリーンは水垢、石灰、石鹸カス、サビ、酸化汚れ、油汚れ、ヒールマーク、曇り、ステンレスのこすり傷を落とすことが出来ます。
似ているようで違いますね。
GSRは鏡のウロコ、尿石、鉄分、マグネシウム、カルシウムが落とせるのに対し、EZクリーンでは落とすことが難しいです。
EZクリーンはヒールマーク、ステンレスの曇り、ステンレスのこすり傷を落とすことが出来ます。GSRでも落とせますが、EZクリーンの方がより適しています。
自由に使っていただいてOKなのですが、適材適所に正しく使うことで早く効率的に汚れを落とすことが出来ると思います。また、GSRで施工した後にEZクリーンで磨き上げると新品のようなつや感と輝きを取り戻してくれます。
磨いた後はミネラルオイルで表面が保護され光沢を出し、再汚染を防止します。
車のフロントガラスのGSR施工例
この写真は2010年の3月にアメリカに行った際にデモをしてくれた写真です。
自らフロントガラスを磨いてくれました。・・・

もっと詳しくはコチラ

関連商品

  1. ナチュラルファイバー

    ウールやシルク等の天然素材用の回収剤です。酸素系漂白剤入りなので、化繊の色柄物にもお勧めです。乾燥する過程でカーペットや家具の色彩を鮮やかに際立たせます。60gの計量スプーン付き。

  2. スクイージイージー

    汚れを取りながら表面をコーティング。希釈液をガラスに塗布し、スクイージーで処理すると汚れを落としながらガラスを保護し光沢を高めます。

  3. エクストリームクリーン

    非常に汚れの強いカーペット用に開発された前処理剤です。CTIの中で最も高い洗浄力を誇ります。リストア洗剤としてもお勧めです。60gの計量スプーン付き。

  4. グロスアップ800

    石材を選ばず使用できる中性研磨剤です。石材の状態によって400・800・プロと使い分けて使用してください。中性な上、少量の水で施工できるので後処理も簡単です。

  5. ストーンガーディアン

    浸透性のある石材・ハードフロア用のプロテクター剤です。(テラコッタ・コンクリートなど)水溶性フッ素ガードなので通気性を残し油性や水性のシミから石材を守ります。施工後プロテクト効果が出るまで72時間かかりますが、歩行は約6時間後から可能です。

  6. ブラシ&ボンネット

    ワンステップで回収不要!No.1クリスタル剤 汚水を出さないセミドライ工法の中で最高水準のクリスタル剤です。クリーニング時に汚れと共に粘着質を包み込みながら結晶化するので再汚染の心配がありません。

ページ上部へ戻る