, ,

GSR

大ヒット!鏡のウロコ・ステンレスの錆び取り
鏡のウロコ取り・ステンレスのサビ取りに使用できるクリーナーです。研磨剤・酸・スクラブを含んでいないので素材に傷をつける心配が全くありません。あらゆる水回りに使用でき、ウロコなどの再付着防止効果もあります。アクアパッドでご使用いただくとより効果的です。
  • pH:9.0(弱アルカリ性)
  • 容量:280g
GSRとEZクリーンの違いってなんですか?
展示会でよく聞かれる質問№1です。
まず一番の大きな違いは、GSRは粒子が粗くダイヤモンドディスク 60番と同等のスクラブ効果があります。
EZクリーンは粒子が細かくダイヤモンドディスク 800番と同等のスクラブ効果があります。
代表的な例が、GSRは鏡のウロコ、EZクリーンはステンレスの磨きです。どちらもペースト状で、同じように使います。
GSRが使用できる場所・素材は、鏡、窓、浴室、トイレ、タイル、陶磁器、硬質プラスチック、車の窓ガラス、CFです。
EZクリーンは、上記の場所・素材に加えメッキ、ステンレス、ガラス、FPRにも使用することが出来ます。続いて汚れの種類です。
GSRは鏡のウロコ、水垢、石灰、石鹸カス、尿石、鉄分、マグネシウム、カルシウム、サビ、酸化汚れ、油汚れを落とすことが出来ます。
EZクリーンは水垢、石灰、石鹸カス、サビ、酸化汚れ、油汚れ、ヒールマーク、曇り、ステンレスのこすり傷を落とすことが出来ます。
似ているようで違いますね。
GSRは鏡のウロコ、尿石、鉄分、マグネシウム、カルシウムが落とせるのに対し、EZクリーンでは落とすことが難しいです。
EZクリーンはヒールマーク、ステンレスの曇り、ステンレスのこすり傷を落とすことが出来ます。GSRでも落とせますが、EZクリーンの方がより適しています。
自由に使っていただいてOKなのですが、適材適所に正しく使うことで早く効率的に汚れを落とすことが出来ると思います。また、GSRで施工した後にEZクリーンで磨き上げると新品のようなつや感と輝きを取り戻してくれます。
磨いた後はミネラルオイルで表面が保護され光沢を出し、再汚染を防止します。
車のフロントガラスのGSR施工例
この写真は2010年の3月にアメリカに行った際にデモをしてくれた写真です。
自らフロントガラスを磨いてくれました。・・・

もっと詳しくはコチラ

関連商品

  1. ARA

    世界初・CTIにしかない浮きジミや再汚染を防止する洗剤です。カーペットクリーニングの直後にスプレーするだけなので簡単に使用できます。浮きジミの元をブロックして、本液が乾燥する際に浮きジミや再汚染の原因となる汚れや土砂、粘着質などをクリスタル状にして包み込みます。乾燥後にドライバキュームで回収してください。

  2. ダートチェイサー

    S.M.S.JapanがCTIと共同で日本向けに開発した前処理剤です。化学培養酵素とオレンジオイル配合により油や土砂汚れにも非常に高い洗浄力を発揮します。リキッドの中では最高水準の商品です。

  3. レザークリーナー

    レザー専用クリーナー。コンディショナー配合で汚れ落とし&皮革製品のメンテナンス。本革・合皮、色も問わないので、悩む必要なくご使用いただけます。

  4. ダブルスプレー

    ステインマジックを効率的に使用するためのスプレーヤーです。A液・B液を別々に保管でき、スプレーする際に混合液となるので、大変便利です。 また、1液だけでは噴出しないので、A液とB液の量を合わせて入れる必要がありません。

  5. AQ シールド ウィルスバスター・メンテナンスプロ

    抗除菌・抗ウィルス機能性液体ガラス塗料コーティング剤

  6. プロソルブジェル

    ガム・タール・ペンキ・マニキュアなどのシミを分解します。タイルカーペットの接合部の接着剤を溶かさないようジェル状になっています。また、パワージェルとの併用で分解から乳化と回収作業がしやすくなります。石材の油性シミ取りにも使用できます。

ページ上部へ戻る